落とし物をするとプライバシーの流出に繋がる!


プライバシーの問題について

バックの中身を他人に見られるのは、誰にとっても嫌なことです。お財布の中身もそうですし、引き出しの中も同じでしょう。所有物を見られたくないと思うのは普通のことであり、何故ならそこにはプライバシーというものがあるからです。財布の中身が数十円しか入っていない…と知られることは恥ずかしいことかもしれません。プライバシーを知った人はただ呆れるだけで何の得にもなりませんが、見られた方にしてみればプライバシーの侵害にあたります。

プライバシーの確認 について

プライバシーに関わるものを拾った時の行動は人それぞれだと思います。貴重品などの落し物は、時として持ち主を探すためにプライバシーを無視することもあります。スマホの電話帳にアクセスして、本人の自宅に電話をかけるという方法も使うかもしれません。財布を拾った場合は、落とし主を確認するために中身を調べますが、最終的に相手のためになるのならプライバシーを覗くこともやむを得ないでしょう。プライバシーは侵害してはならないものですが、人助けのために仕方なく相手の情報を覗く場合もあります。

最小限に食い止められる場合

プライバシー流出の問題は非常に難しいですが、メリットが得られる場合も稀にあったりします。プライバシーが本人の了解なく覗かれた時は、本当にプライバシーの侵害にあたるかどうかの判断も必要です。財布や携帯の中身を見たことで手元に戻ってきたのであれば、返してくれた人にお礼をするべきですし、プライバシーの流出が最小限に食い止められたと逆に感謝するべきなのです。

機密文書とは、会社などの組織に置いて、外部に漏らすことが固く禁じられている文書です。最も重要度の高いトップシークレットの文書は「極秘文書」とも呼ばれます。