人が会社を作る!事業承継のポイントは人材育成!


人が事業承継のポイント

会社は人で出来ています。そう考えると、事業承継では人を大事にすることが重要です。具体的にどうするかというと、まず次世代の人材を選出します。次世代の経営を担う人材を、社内から見つけ出すのです。ポイントは社内から見つけるというところです。企業によっては、外部からの経営者を迎えるという企業もあります。しかし、事業承継を行うのであれば、その企業のスピリットを持った社員から選出する方が上手く事業承継ができます。外部から人を招いた場合は、社内との温度差があるために、上手くいかないことが多いのです。また、そのようにして選んだ人を事業承継に相応しい人材となるように、教育していくことが大事です。次世代の経営を担う候補者を何人か選んで、その中から最終的な経営陣を決めるといいでしょう。始めから決まっていると切磋琢磨することがないです。そうならないように、最終判断は最後まで引っ張ることが大切なのです。

人材育成に力を入れると成功しやすい

事業承継では人材育成に力を入れると成功しやすいです。何世代も事業承継に成功している企業では、時間をかけた人材育成に取り組んでいます。次世代を担う候補者を何人も選び出し、それぞれに合わせた教育を施していきます。たとえその人材が経営陣に向いていないとしても、教育は現場で役に立つでしょう。そのような教育をくぐり抜けて、次世代を担う経営陣に成長していきます。成長するまでには何年もかかるときもありますし、十年以上かかる可能性もあります。事業承継に成功している企業は、そのくらい長い目で人材育成を見ていることが多いです。

事業承継とは、事業そのものを引き継ぐことを言います。今行なっている事業と、資産負債の全てを後継者に引き継ぎます。