eラーニングで何ができる?どうやって導入するの?


eラーニングで新入社員教育を効率化

新卒者が入社したときだけでなく、中途採用者が入社した時などにも新入社員教育を行います。新卒者はまだ社会人経験がないので、社会人としてのビジネスマナーを学ぶ必要があります。一般的には新入社員を一つの場所に集めて教育を行ったり、教育サービスに参加させたりして行うでしょう。新入社員教育はビジネスマナーを学ぶほか、それぞれの会社のルールであったり実務を学ぶときもあります。それぞれ教育方法が異なり、集団で学んだ方がいいものもあれば、座学などで学べるものもあります。そこで座学で学べる部分にeラーニングを導入するケースがあります。ネットを通じて共通の内容が学べる仕組みで、講師のコストや場所を確保するコストを減らせます。

eラーニングの導入方法

新しい教育の方法としてeラーニングがあり、これまで導入していなかった企業の中には興味を持っているところもあります。それぞれの社員がインターネットに接続したパソコンが使えるようになっているとき、どうやってeラーニングの仕組みを導入するかです。一からそれぞれの企業が作るのは難しく、仕組みから教材までを用意してくれる業者を利用するのが良いかもしれません。教材に関しては、ビジネスマナーや簿記などのいろいろな会社で使われるものもありますし、各社ごとにオーダーメイドで作ってもらうときもあります。工場での作業方法の教育はそれぞれの会社で異なるでしょうが、サービス提供会社と話し合って教材を作りそれを社員に使ってもらいます。

これから派遣就業する人向けのeラーニングがあります。派遣のeラーニングを利用して、新しい仕事でステップアップも可能です。