好きなことを仕事にしたい!自営業の始め方とは?!


実店舗のお店を開業するには?!

個人でインターネットを利用して商品やサービスを販売している人もいますが、実際の店舗を開業したいと考えている人も多いのではないでしょうか。自分の好きなことを仕事にして成功したいと考えた場合、どのようにして自営業を始めたら良いのでしょうか。まず、実店舗を構える場合は、自分が販売する商品やサービスの内容を考えてエリア設定をする必要があります。例えば、お酒を販売するような飲食店の場合、利用客が飲酒運転をしないためにも駅前に店舗を構えた方が良いでしょう。一方、デイサービスのように利用者を車で送迎する場合は、駅から離れたエリアに施設を構えても特に問題がないでしょう。自分が気に入るテナントに出会うためには根気が必要で、複数の不動産屋に希望のテナントが見つかり次第連絡をしてもらえるように伝えておくと良いでしょう。

必要書類を税務署に提出しよう

自営業の内容にもよりますが、実際に開業する前にいくつかの書類を最寄りの税務署に提出しておく必要があります。まずは開業日を報せるために開業届を提出しましょう。開業届を提出することで、いつから商売が始まったのかを税務署が把握することができます。さらに様々なメリットが受けられるよう、青色申告承認申請書も提出しておきましょう。青色申告で税務申告をすると、家族を従業員として雇用して給料を経費にできたり、所得から控除できる金額が増額されるなどのメリットがあります。開業してから商売が安定するまでの期間は負担を減らすことができるのでお勧めです。

フランチャイズとは、大手企業の名前を借りて、自分で店舗運営をすることです。名義料と最低限の投資で事業を始められます。