要らないものはどんどん処分…しっかり片付けて楽な引越しをしよう!


空っぽにしてしまおう!

引越し時に食器棚や本棚を運ぶのは大変な重労働です。洋服ダンスなどは中身を出しておけば、多少なりとも軽くなります。引越しでは中身を全て出して梱包することが必要です。引越し時の片付けでは要らないものが必ず出てくると思いますが、不要なものは持っていく必要がありません。引越しをなるべく楽にするには、不要な品物を捨ててしまうのが一番でしょう。捨てるのがもったいない…とりあえず持って行こう…などと考えてしまう人ほど引越しは一向に捗らないはずです。

これが一番重くて大変

引越しの片付け中に出てきた不要品はどんどん捨てるべきですが、冷蔵庫の中身だけは捨てるというより食べるが正解です。食料品を捨ててしまうのはとてももったいないですから、引越しに合わせて食べれるものは全部食べ切ります。賞味期限が短いものほど早く食べるようにして、引越しが終わるまでは買いだめなどしないように心がけましょう。引越しをする時には食べるものも考える必要があるのです。

引越し後の整理を考える

自分の持ち物を新しい住居に持っていくのが引っ越しです。普段整理しないような自宅の隅々を引越しすることによって片付けることになります。要るものと要らないものを素早く判断できれば、それだけ早く片付けが終わりますが、その場で悩み込んでしまったりすると引越しの準備が進みません。悩んだ時は引越し後の整理を想像するといいですよ。要らないものを持っていけば、引越し先でもまた整理しなければならないし、二度手間を考えるときっぱり捨てられると思います。

不用品の回収は自治体でも行われていますが、各自治体によりルールが異なるため事前に確認する必要があります。