応募をする前に知っておくべきこと!タクシー運転手の勤務内容と平均収入


タクシードライバーの勤務形態

タクシードライバーの求人に応募をする前に知っておくべきポイントの一つが勤務形態です。
会社によって細かい違いはありますが、タクシーの運転手は日勤と隔日勤2種類から選ぶ形になります。日勤は一般的な仕事と同じ日中の時間帯だけの勤務です。
一方、隔日勤は一回の勤務で2日分働くスタイルで、日勤が休憩を含む平均8時間労働なのに対して隔日勤は15時間前後働くことになります。一見すると隔日勤の方が過酷に思われますが、勤務明けは必ず休みでスケジュールによっては連休も取れることから、肉体的な負担は日勤とそれほど変わりはありません。

給料の仕組みと平均収入

収入は仕事探しをする上での重要な見極めポイントの一つと言えます。タクシードライバーの収入は平均20万円、年収にして270万円前後と一般的な仕事に比べると若干低めなのは否めません。
しかし、タクシー業界は歩合制を採用していて、勤務を通して自身が稼いだ売り上げが給料に反映されるのが特徴です。そのため、効率良く乗客を捕まえることができればその分収入をアップさせることができます。

とはいえ、タクシーは値段がやや高めになっているため電車やバスに比べて利用頻度はそれほど多くはありません。曜日や時間帯による波も激しく毎日同じだけの金額を稼ぐのは難しいのが実情です。こうした理由から、歩合とは別に最低限の給料を保障する固定給も用意されています。これにより、経験の浅いドライバーでも収入の心配をすることなく安心して働けます。

役員運転手は、大企業の重役を運ぶという任務を担当しているので、安全運転や法令順守を心掛ける事が必須となっています。いつでも運転出来るように、日頃から健康管理をしておくようにしましょう。